スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水木ロードの妖怪ブロンズ像どこに行く

先日、彫刻家の皆さんと一緒に飲む機会がありました。
彼達は「米子彫刻シンポジュウム」の作家の方々で、その中には境港の水木ロードの彫刻を初めて設置するとき相談指導を受けた先生もおられました。
ある作家がいわく「当初のブロンズ像のデザインと新しく設置されたブロンズ像が大変異なっているけど・・・・・どうしてなんでしょうか???」
と言われました。
街づくりとは街全体をトータルにデザインすることの必要性を改めて考え直すためのご提案でした。
・・・・・・ありがとうございました・・・・・
スポンサーサイト

鈴木トオルコンサート行きました

昨夜、宍道湖の畔にある「出雲そば日本一大明陣」で「鈴木トオルライブコンサート」が開催され初めて出向きました。
観衆は蕎麦屋のフロアーということもあり55名でしたが、大変アットホームなコンサートでした。
アーチストとあって話をさせて頂くといつも感じることは、皆さん共通して感性が大変敏感で優れているように感じます・・・・・・・私流に判断させていただくと≪アーチストは皆!!!妖怪だ!!!≫
【鈴木トオルさんについて詳しい情報は晴れのブログを検索してみてください】
1985年「シャイニン・オン・君が哀しい」でデビュー、現在はソロで全国各地でのコンサート活動中

ファンタジー影絵「のんのんバアとオレ」近日上映

鳥取県の倉吉を中心に影絵劇団未来(みく)がこの度水木先生の作品「のんのんバアとオレ」を
見事に影絵・・・ただの影絵でなく大変ファンタジーで素晴らしい・・・が公演を控え日夜特訓に励んでいると伺っております。
舞台一杯にのんのんバアとしげる少年の摩訶不思議な体験を演出できることを期待しております。
私も境の方言(浜弁)の指導に行くことになるかも・・・・・・!!!
皆さんボランティアで一生懸命です応援お願いします。

鬼太郎イス登場2

20090513103321
水木文庫内に登場した鬼太郎イスを写真で紹介します。

鬼太郎イスの登場

昨日(5月10日)に、水木しげるロードの彫刻などの全体デザインをされた藤田先生のデザイン作成された鬼太郎イスが出来上がりました。
「水木しげる文庫」の妖怪の森に設置してあります、是非水木ロードにお越しの記念として「塗り壁」「鬼太郎自動車」「一反木綿」などをバックに写真を撮ってください。
また、店員に申しつけるとシャッターを押してくれますゾ!!!

水木文庫の新展示

20090505100026
水木文庫のショーケースに新しく展示がゴールデンウィークに現れる―ーーーーー、若手の水木先生ファンが描いてくれました。
また、同時にソフビ人形の展示販売も行っております。
墓場の鬼太郎ファンにはたまらないものになっていると思います。

鬼太郎の妖怪焼き登場

20090505095145
水木しげるロードに5月の連休に全国で初めての全自動鬼太郎妖怪焼き登場しました。
特に子供さんが大変興味をもって眺めてくれました。
これからは各地に出現するとは思います。
是非一度見て、味わって頂きたいです。

妖怪テント村

20090505094941
ゴールデンウィーク期間中に24万人以上の観光客が訪れていただきました。その中で水木しげる文庫の正面の駐車場に妖怪テント村を特設し、鳥取県名産の20世紀梨で作った餡入りの「目玉おやじまんじゅう(目玉おやじ人形焼き)」を販売しました。
大変珍しい梨餡は大好評で途中で完売してしまいました。

池坊の生け花展

20090501125434
先日、米子高島屋にて開催されていた池坊生花展に出かけました。
先輩で花の先生・お茶の先生・写真家(二科展入選)と多彩な日本文化に携わっている方の作品を拝見に行きました。
その会場の中心に飾られていた大作です。

藤娘猫

20090501120457
我が家のネコ(小夏)です。今年初めて鉢植えの藤の花が咲きました。
日向ぼっこをしていた小夏を見つけポーズをつけてハイチーズ!!!
プロフィール

黒目友則

Author:黒目友則
「水木しげるロード」を企画・実施し、境港を妖怪の街として全国発信を行ってきました。現在は、各地で講演会や街づくりの企画を行っております。また平成17年4月に「水木文化」と「妖怪学」の確立を目指すための会社を立ち上げ山陰境港から全国はたまた世界(異界までにも)に発信していきたいと思っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。