スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農業改良普及員の研修における講演会

今月24日に鳥取県農業普及員の研修での講演を依頼されました。
現在、農業関係は大変厳しい状況ではありますが、政府がTPPへの加入問題で様々な議論が起きているが、
いずれにしても、これから農業自給率など我が国にとって大変な問題であることは明らかです。
県内の農業普及員の方々が地元の農業活性化に繋がるような意識がより感じて頂ける事を願って喋りたいと思っております。
スポンサーサイト

「妖怪の杜」の第一歩

2月5日日南町にて「森林づくり講演会」にて「妖怪の杜」の整備について講演させて頂きました。
まだまだ、どの様な計画になるのかハッキリしませんが、とりあえずこの雪が解けたころに日南町内の山歩きをして、その中での構想を膨らませようと考えております。
興味のある方は、是非、ご参加頂いてそれぞれの思いや夢や構想を語って頂きたいと思っております。
また、ワークショップも昨年から2回開催しました、引き続き開催を計画しておりますので、興味のある方の参画をお待ちしております。
21世紀は、森林の持つ大きなテーマと資源の活用が必要になってくるのかもしれません・・・・!!!

【杜(もり)】とは「神の森・鎮守の森・ご神木」の意味であり、《妖怪の杜》と銘々しました。

「妖怪の杜」構想スタート

本日、鳥取県日南町にて「森林づくり講演会」が開催されました。
テーマは、【生命あふれる森林から】でありますが、特に今回は「妖怪の杜」構想を打ち上げ
源流域の日南町と下流域境港の地域連携を進めるために、日南町内の森林利用した地域の活性化を図ろうと言う試みです。
講演会で「妖怪の杜」について少しだけ講演させて頂きました。
【森林の持つ波動と共鳴出来る体験を通じて自然に触れ合う必要性】
【昔から日本人は生命を生み出す自然に対して畏敬の念を感性として持っていた】
【日本人の感性を造ってきたのは日本の自然である】
・…以上は、宇宙飛行士の秋山 豊寛さんのコメントから抜粋したものです。
真に、我々が目指す【妖怪の杜】はこのコメントのように人間と自然の共生を目指すものです。
プロフィール

黒目友則

Author:黒目友則
「水木しげるロード」を企画・実施し、境港を妖怪の街として全国発信を行ってきました。現在は、各地で講演会や街づくりの企画を行っております。また平成17年4月に「水木文化」と「妖怪学」の確立を目指すための会社を立ち上げ山陰境港から全国はたまた世界(異界までにも)に発信していきたいと思っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。